ハルメモの日記(ブログ)です。 後から日々の記憶を思い出すために書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
複製型を作る その1
全く更新をしておりませんでしたが、コツコツとF2のフットパーツを仕上げておりました。
で、ついに複製をして2つ揃えようと型づくり。

とりあえず、空気だまりが無いようにキャストの流れをイメージながら流入口が仕上げにくいところに来ないように配置してみる。
ついでにハンドパーツもやりますが、こちらは複雑なので失敗覚悟で。



次いでブロックで型の大きさを決めます。流入口の余裕を忘れずにw

DSCN2087.jpg

粘土の下地に部品を埋めながら配置。埋める具合は後の処理面をイメージして。
肉厚調整にプラパーツの凹みも粘土を埋めておきました。エポパテで埋めるより処理が楽ですね。
ちなみに100均の油粘土にしましたが、ゴムと同じ色ではがすときに分かりにくく、失敗でした。
今後は絶対に色が付いたものを使用します。

DSCN2089.jpg

で、硬化後に粘土をきれいに取って片面完成。

DSCN2090.jpg

この後シリコンバリアーを塗って片面も流しました。

キャスト流し後の出来は後日報告しますw

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。