ハルメモの日記(ブログ)です。 後から日々の記憶を思い出すために書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーターラインの赤城
とりあえず、ウォーターラインの赤城を買ってきたことは以前書いた通りです。

で、パーツを眺めながら結構荒いなぁと思ってモデグラを漁って旧記事を色々と調べるとなかなかのツワモノであることが続々判明。
で、ネットで調べるとさらに強敵であることが判明してしまいましたw
しかし、初めての艦船模型はウォーターラインから攻めたいとは思ってましたので、フジミのキットを買い直したい気持ちをグッと抑えてハセガワ純正のエッチングパーツを幾つか購入。ついでに真鍮線やらマスキングシートやらといろいろと使えそうなものをとりあえず購入しておきました。

akagi1.jpg

でもって、キットの全貌を確認するためにピットマルチを使って外枠的なものを取り付けてみたり。

akagi2.jpg

でもって、勝手にリンクした模型の花道さんの赤城製作情報から私としても手を付けてみたいところを洗い出してみましたが、それは次回にでも書きますw

とりあえずの全体方針として(今現在で)
1.マスキングシートを使ってなんとかこの甲板に木目を入れたいw
2.細かい備品はWL付属の追加パーツでいいでしょうw
3.このキットのために存在する赤城専用のエッチングパーツは付けようw
4.窓枠と手摺のエッチングは流行のようなので付けようw
5.実物再現的なものには極力こだわらないように(無理だから)w
6.ついでに艦船模型に必要な用語を覚えようw

とこんなところです。
正直言っておきますが、ガンプラ以外は模型復活後はまったく作っていませんし、昔も飛行機や車は何個か作りましたが、船はほんとに初めてなので困惑中で。
作業云々もですが、とりあえず用語にやられてます・・・。
現在勉強した用語はスポンソンとジャッキステーぐらいかなー。どんどん勉強していくぞー!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。